トップへ戻る

看護師退職無職

 

看護師15年目のみさきです。

看護師退職無職

これまで何度か、看護師の転職を経験しています。

 

その経験をもとに、看護師が退職する際のこと、
看護師が無職期間を経ての再就職するまでのことをまとめていますので
参考にしていただければと思います。

 

 

病院や師長に止められて看護師を退職できない時の対処法

 

看護師の仕事はどこも人手不足であるため、
比較的転職しやすい職種だと思います。

 

しかし厄介なのが、辞める時の方法です。

 

総合病院などの大きな病棟では毎年辞める人が出るため、
早く言ったもの順で、その人数が規定(毎年3人までとか)を超えてしまうと
来年持ち越しになることとかもありますよね。

 

そのため、一年前から退職願を出さないと辞められないなど、
看護師独自のルールのようなものがあることもあります。

 

では、実際に師長さんに辞めたいことを伝えた場合、
大抵はどこも人手が足りないので、「どうして?」「もうちょっと頑張りましょう」
などと引き止められることが多いですね。

 

そのような場合にスムーズに退職できる方法はあるのでしょうか?

 

円満に退職できる方法

 

師長が退職を認めないと言っても、
規則や法律では退職できないということはありませんので、
きちんと誠意を持って対応すれば問題ありませんよ。

 

とにかく早め早めに退職を相談しておくことが先決です。
退職願など必要なところもあり、
きちんと書類上の手続きも平行して行いましょう。

 

もし、「人手が足りないのに」「嫌なことがあるならば改善するから」などと、
引止められた場合、まずは一旦「少し考えさせてください」と伝えましょう。

 

師長からすれば辞める人が多い病棟では
師長の評価が下がってしまうから必死なのです。

 

お互いに焦る気持ちがあるため、
口喧嘩になってしまうことだけは避けましょうね。

 

考える間を置いてから、数日〜1週間後に再度話をすると、
お互いに落ち着いて話ができます。

 

また、師長がどのような言葉をかけてきても、
気持ちが揺らぐような曖昧な態度は絶対にダメです。

 

毅然とした態度で、きちんと退職理由を説明しましょう。

 

看護師を辞めたいときの退職理由

 

看護師が転職する理由としては様々なものがあります。

 

実際には、人間関係や給与に不満が退職理由としては多いようですが、
決して病院に対しての悪口は言ってはいけません。

 

円満な退職をするためには、きちんと誠意のある理由でスムーズに対処しましょう。

 

いい退職理由

看護師退職無職

 

・違う分野の勉強をしたい

 

・将来的に資格を取りたいので、その経験を積めるところに勤めたい

 

・結婚のために引越しをしなくてはいけないので、このまま勤めることができません

 

これらのように前向きなスキルアップに関する理由は比較的イメージもいいです。
また、結婚や出産などの理由は自分だけではなく、家族も関係しているため、
スムーズに受け入れてくれるところが多いようです。

 

悪い退職理由

 

・看護の仕事が嫌になった

 

・給与が低い、サービス残業が多い

 

・先輩や上司とうまく付き合えない

 

・業務が忙しすぎる

 

これらのように看護職や病院・病棟に対する不満はたとえ退職できたとしても、
退職日までかなり肩身の狭い思いをし、次の転職先まで影響が出るすることもあります。
そのため、個人的な不満は伝えないほうがいいでしょう。

 

看護師を辞める時の「退職願の書き方」

看護師退職無職

 

一般企業の場合には退職願を出して、上司が受理し・・・という流れですが、
看護師の場合、比較的口頭で済んでしまうケースもあります。

 

私はいままで転職4回の経験がありますが、
今まで退職願は出したことがありません。

 

しかし、病院などによっては退職の流れや
必要な書類などが決められていることもあるため、
きちんと確認するようにしましょう。

 

退職願と退職届の違い

 

退職願は病院に対して、退職をすることを認めて欲しいという書類です。

 

一方、退職届は自分の都合のみで退職するという形式のものになりますので、
間違えないようにしましょう。

 

退職時に書く書類は「退職届」です。

 

退職願は一度提出してしまうと、撤回することはできませんので、
きちんと自分の意思が決まってから書くようにしましょう。

 

退職願の書き方ポイント

 

書き方例)

 

 

退職願

 

私儀(私事)@
この度、一身上の都合により、来たるA
平成〇年〇月〇日をもって退職致したく
ここにお願い申し上げます。

 

平成〇年〇月〇日B
看護部 氏名 (捺印)C

 

医療法人〇〇会 〇〇病院
理事長 〇〇 〇〇様D

 

@私儀とは、私事で書きますという意味になります。
A様々な理由があるにしても「一身上の都合」で統一します。
B提出日を書きます。
Cシャチハタは使用せず、認印と朱肉で捺印しましょう。
D病院の名前と代表の名前を書きます。病院名は正式名称で書くようにしましょう。

 

退職願の提出相手は、まず直属の上司になるので、
病棟であれば師長になります。

 

また、現在ではパソコンで作成する人も多いようですが、
より重要な書類ということで、手書きで書くことをおすすめします

 

病院で指定のものがある場合もありますので、きちんと確認しましょう。
そして、郵送ではなく直接渡すのが一番望ましいです。

 

怪我や病気の場合で直接渡せない場合は、
上司の了承を得てから送るようにしてください。

 

看護師の退職金はいくらぐらい?

 

看護師の退職金はピンからキリまであります。

 

そもそも退職金がないところや勤続1年〜3年以上としているところ、
退職金があったとしてもどのように計算されているかで全く額が違ってきます。

 

私は初めて退職した病院は国保系列の病院であったため、
退職金はしっかり出ました。

 

勤続3年でしたが、30万ほどはもらったと思います。
しかし、その後勤めたところは医療社団法人であり、
勤続2年でしたが10万円ほどだったと思います。

 

退職金の条件を確認

 

入職するときから退職金の計算方法などを詳しく教えてくれるところはあまりないですが、
退職金の条件をきちんと確認しておく必要はあると思いました。

 

せっかく勤続数年であっても退職金が出ないのは寂しいですもんね。

 

個人病院などでは退職金がないところも多いですが、
その分上乗せして給与が高めに設定してあるので、
きちんと貯金管理が出来れば、問題ないかもしれません。

 

看護師の無職期間はどれぐらいまで再就職に響かない?

 

病院を辞めたけれど、次がなかなか決まらないで
数ヶ月過ぎてしまったということもよくあります。

 

大抵は次の就職先が決まって転職することが多いですが、
怪我や病気で辞めた場合、次の就職先の目処が立たない場合もあります。

 

看護師がブランクを感じるのは1年以上

 

基本的には看護師がブランクを感じるのは1年以上のようです。
産休明けのママさんナースが最初は慣らし勤務をするのはそのためでしょう。

 

問題なのは無職期間の長さよりも無職期間の理由だと思います。

 

ただなんとなく過ごしていただけでは、
次の就職先で働いてからも、だらけてしまう心配があります。

 

怪我や病気などの場合、就職活動をしていた場合など、
きちんとした理由があった場合には、たとえ1年以上のブランクがあっても、
これからの働く意欲があれば大きな問題はないでしょう。

 

しかし、技術的な面はどうしても感覚を取り戻すのに
少し時間がかかる可能性はあります。

 

その場合、再就職に影響がないように、
復職支援のプログラムを受けるなど様々な方法がありますよ。

 

大きな病院であれば、独自の復職支援があるところもありますので、
安心して再就職に向けて活動できますね。

 

看護師の無職期間中のことをどう言えばいい?

看護師退職無職

 

次の転職先を探していた場合、怪我や病気など・・・
様々な理由で働かなかった時期がある場合、
なかなか言いづらいものがあります。

 

しかし、なぜ働かなかったのかは必ず再就職のときに聞かれます。

 

きちんと理由を伝えられるようにし、
無職期間中のことも前向きにアピールしましょう。

 

マイナス的な理由の場合

 

たとえばうつ状態になってしまって、
仕事が出来なくなってしまったなどのことです。

 

よく面接で「今まで人間関係のトラブルや精神疾患にかかったことはありますか?」
というセリフを聞きますが、嘘はつかないほうがいいと思います。

 

看護師はプロですし、一緒に働いてから苦労する可能性があります。
それならば、精神的な病気が理由であったとしても、きちんと申告しましょう。

 

もし、再発などの危険があったとしてもスムーズに対応してもらえるか、
職場の配置などを考慮してもらえる可能性があります。

 

大事なのは、現在の状況を把握して、
それを改善させるための行動を起こしていること、
さらに今後どうやって働きたいか計画的できちんと意欲があることだと思います。

 

無職期間中であっても、
看護の勉強や資格の勉強をしていたことなどは、
むしろプラスになることもあります。

 

マイナス的な理由であったとしても
ポジティブな言い回しに替えて、面接を上手く乗り切りましょう。

看護師の転職のプロの力を借りて円満に退職し転職する方法

 

それでもやっぱり、難しいと思っている方はいらっしゃいますよね。

 

そんな時は、思い切って、転職のプロに相談しましょう!

 

看護師転職のプロ、コンサルタントやアドバイザーの方です。
しかも、無料でその相談にのってくれるんですよ。

 

看護師求人サイトへ無料登録するとそのサービスを受けることができます。

 

転職サイトと言えば、再就職活動のイメージですが、
在職中でも転職を考えた時点から、登録しておくといいですよ。

 

どんな悩みでも相談にのってくれます。
もちろん、在職中なら、退職意思の上手な伝え方など、
円満退職のためのアドバイスも行っていますよ。

 

また、無職期間のことなど気になる部分があっても、
上手な履歴書の書き方や面接の対応までしっかりとアドバイスがもらえます。

 

多くの看護師さんの転職に関わってきたコンサルタントの力を借りてみてはいかがですか?

 

看護師求人サイトへ登録したら、
そこで就職までしなければならないってことはありませんよ。

 

普通、看護師転職サイトは、ほとんどの方が2〜3ヶ所に登録します。
それは、より多くの求人の比較検討をし、より良い就職先を見つけるためです。

 

なので、結局登録だけで終わってしまう転職サイトがありますよね。
不要と思えば、登録解除すればいいので、自分ひとりで悩んでいる方は、
看護師求人サイトのサービスを利用してみましょう!

 

数ある看護師求人サイトの中でも、特に実績があり
多くの看護師さんが利用されているサイトをランキングで紹介しますね。

 

求人情報は業界最大級で、非公開求人も多い「マイナビ看護師」
選任のキャリアコンサルタントが転職をバックアップしてくれます

全国10万人が利用する、看護師さんの気持ちを最大限に尊重した
心ある転職サポートをしてくれます

選任コンサルタントが一貫サポート/国内最大級の求人数
最大5万円の「転職支援金」

 

きっと、ご自身の条件にぴったりの就職先がみつかると思います。
看護師として輝ける場所はたくさんありますよ!

 

転職は、成長できるチャンスですよね。
みんなでがんばりましょう!